バストアップに効果のある食べ物・飲み物とは?

バストアップサプリ

私も含めて胸の大きさで悩みを抱えている女性は少なくありません。
胸の大きさでファッションも変わりますし、せめて適度なサイズは欲しいですよね。

バストアップのためにマッサージやエクササイズをしている人も多いのではないでしょうか?

しかしそれだけではなかなか成果の出るものではありません。

そこで今回は、バストアップに効果のある食べ物・飲み物について紹介します。

バストアップに効果があると言われている食べ物・飲み物

食べ物・飲み物の中には、バストアップに効果があると言われている物があります。
バストアップに効果があると言われているのは下記の通りです。

  • 豆乳
  • アボカド
  • チーズ
  • キャベツ
  • 鶏肉

わりと普段から摂取している飲食品が多いですね。
だからこそ「食べ物・飲み物がバストアップに効果がある」と言われても、ピンと来ない人が多いと思います。

なぜこれらの飲食品がバストアップに効果があると言われているのでしょうか?

バストアップ効果の秘密は成分

バストアップに効果があると言われているのは、成分に理由があります。
先ほど紹介した食べ物・飲み物には、バストアップに関わる働きをする成分が豊富に含まれているのです。

バストアップに効果のある成分は下記の通りです。

  • タンパク質
  • ビタミンB群
  • ミネラル
  • ボロン
  • イソフラボン

他にもバストアップに効果のある成分は含まれていますが、主に共通しているのはこれらの成分です。
つまりこれらの成分を多く含む素材や料理を選んで食べればバストアップ効果が期待できるわけですね。

それではそれぞれの栄養素の働きについて説明していきます。

タンパク質

タンパク質
タンパク質はバストアップにどのような関係があるのでしょうか?
タンパク質はホルモン分泌を促す働きがあります。

【植物性タンパク質】と【動物性タンパク質】に分かれており、乳腺の発達には欠かせない成分です。

タンパク質、つまりお肉ですね。
どうしても脂質が多くてカロリーが高そうなイメージがありますが、バストアップには欠かせない栄養源です。

部位や種類の選び方に気をつけさえすれば、効果的にバストアップができるはずです。

例えば鶏肉であればササミがオススメです。
油分が少なく、しかも安く手に入ります。

ダイエットや体作りのために食べられる部位ですね。

基本的に脂肪分のすくない部位を選ぶようにしましょう。
豚肉や牛肉はヒレを選ぶのがオススメです。

ビタミンB群

ビタミンB群
ビタミンと言えば美容に効果のあるイメージですね。
しかしバストアップにも効果が期待できるんです。

ビタミンB群には代謝をサポートしたり血行を促進する働きがあります。
女性ホルモンや栄養素が行き渡りやすくするわけですね。

またバストの筋肉を引き締めて、垂れてきたバストを持ち上げるのに有効です。
バストを支える筋肉がしっかりとしていなければ形が悪くなるだけではなく、バストアップも望めないでしょう。

ミネラル

ミネラル
ミネラルはバストアップにどのような関係があるのでしょうか?
ミネラル自体は直接バストアップに繋がりませんが、他の栄養素の働きをサポートする重要な成分です。

タンパク質を合成したりビタミンの働きをサポートし、栄養素を体内に行き渡らせます。
もちろんミネラルが不足すれば、必要な成分がバストに行き渡らなくなります。

ミネラルは体内で作られませんので、食事で摂取する必要があります。

ボロン

ボロン
ボロンと言う成分は、聞き覚えのない人も多いと思います。
ボロンには女性ホルモンの分泌を促す働きがあります。

女性ホルモンはバストの成長に関わる重要なホルモンです。

ただしホルモンの分泌量、バランスは一定ではなく日々変化しているものです。
ストレスや疲れですぐにバランスが崩れてしまいますので、バストアップするには女性ホルモンの分泌を高めることが大切です。

ボロンはキャベツやひじき、りんごなどに含まれています。

イソフラボン

イソフラボン
イソフラボンは聞き覚えのある人が多いでしょうね。
イソフラボンは女性ホルモンの一つである【エストロゲン】に似た働きをします。

つまりイソフラボンを摂取するだけでエストロゲンを補えるのです。

体は女性ホルモンが分泌されたと勘違いしてバストを成長させますので、年齢関係なくバストアップ効果が期待できる成分でもあります。

バストアップのために気をつけたいこと

バストアップのために注意
「じゃあバストアップに効果のある成分を摂取しまくれば良いんだね!」ということかと言えばそうではありません。
バストアップするためには気をつけたいことがあります。

過剰摂取しない

過剰摂取しないように気をつけましょう。
「バストアップに効果がある」と言っても、ホルモンバランスや生理周期が乱れるなどのリスクが高まります。

食べ物や飲み物で摂る分には過剰摂取になる可能性はほとんどありませんが、とにかく摂れば良いものではないのを認識しておきましょう。

中にはサプリメントを飲みつつ食事でも摂取する人がいます。
サプリメントは効率よく栄養素を摂取できるように作られていますし、過剰摂取しやすいので注意が必要です。

とは言ってもホルモンバランスは自分ではわかりにくいものです。
生理周期をしっかりと記録しておき、乱ているのであれば摂取量を減らした方が良いでしょう。

目安を守っていても個人差がありますので、乱れにくい量に自分で調整することをオススメします。

また「変化が無いから」と言って、多めに摂取するのは避けた方が良いです。

栄養バランスが偏らないようにする

「太りたくない。でもバストは大きくしたい。」と、バストアップに効果のある成分だけを摂取するような食事をする人がいます。

たしかにダイエットするなら食事量を減らすのが手っ取り早いですが、バストアップのために偏った食事をするのはお勧めできません。

栄養が偏るとバストアップ効果を弱めてしまうからです。

栄養素はそれぞれの相乗効果によって吸収効率を高めたり、働きが高められます。
ミネラルが良い例ですね。栄養素は主な働き以外にも、他の栄養素の働きをサポートするものが沢山あります。

ですのでバランス良く摂取した方がバストアップに効果的なのです。

ダイエットにおいても同様で、偏りすぎるとなかなか痩せられません。
効率よく理想の体型に近づくために、栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。

市販の飲み物で摂取できるのは微量

基本的に飲み物で摂取できる栄養素の量は極微量です。
普段から成分表をしっかりと見る人は少ないでしょうが、良い機会ですので確認すると良いでしょう。

同じ量の栄養素を食べ物で摂取するなら少量で事足りてしまいます。

自分でりんごを摩り下ろして作ったジュースのような物は別ですが、基本的に市販の飲み物は栄養を摂取する目的では過剰な期待はできません。

「これを飲んでいるから栄養の摂取は大丈夫!」と思い込まないように気をつけてください。

バストアップを妨げる食べ物・飲み物

バストアップを妨げる
食べ物・飲み物の中にはバストアップを妨げてしまうものがあります。
バランスの良い食事を心がけるとは言っても、バストアップの妨げになるものはできるだけ避けた方が良いでしょう。

コーヒー

コーヒーはバストアップを妨げてしまいます。
休憩中や眠気覚ましとして飲む人も多いでしょうね。

なぜコーヒーを飲むとバストアップの妨げになるのでしょうか?

それはカフェインの働きに問題があります。
カフェインには脂肪を分解する働きがあります。

バストは脂肪ですので、分解なんてされたら堪ったものではありません。

また利尿作用があり、摂取したビタミンなどの栄養素をそのまま排出してしまいます。
せっかく摂取した栄養素が体に吸収されることなく排出される…バストアップどころか美容にも影響しますね。

勘の良い人は気付いていると思いますが、最近流行りのエナジードリンクにもカフェインは含まれています。
眠気覚まし目的にカフェインを摂取している人もいるでしょうが、バストアップの観点から見ればお勧めはできません。

むしろ小さくなる可能性がありますので、カフェインの摂取はほどほどにしましょう。

ブロッコリー

ブロッコリーもバストアップを妨げると言われています。
「そんなもので?!」と言いたくなるほど意外な食べ物ですよね。

ブロッコリーには【インドール】と呼ばれる成分が多く含まれています。
インドールは女性ホルモンの分泌を抑制する働きを持つ成分です。

バストアップしたいのに女性ホルモンの分泌を抑制するなんて効率ダウンもいいところです。
バストアップしにくい状態になりますし、インドールの摂取は避けておきたいですね。

インドールはアブラナ科の野菜に多く含まれています。
ブロッコリー以外には、カリフラワーや大根、白菜などです。

しかしインドールは熱に弱いので、加熱処理をすれば大丈夫です。
ビタミンが加熱で失われてしまうとも言われていますが、失われるのは全てではありません。

ですので普通に食事する分には気にする必要はありません。

まとめ

バストアップにはバランス良く栄養を摂取するのが効果的です。
しかし中にはバストアップ効果を妨げてしまう成分もありますので注意が必要になります。

栄養素を摂取するために素材をそのまま食べようとする人がいますが、それではモチベーションが続きません。

ですので美味しく続けられるものを選びましょう。
例えば大豆イソフラボンを摂取する方法は豆乳だけではありません。

きな粉を牛乳に溶かしたり味噌汁、納豆など沢山選択肢があります。

素材のままにこだわる必要はありませんので、美味しく食べられる方法を探しましょう。

またバストアップには筋肉も重要ですので忘れてはいけません。
バストを支える筋肉がしっかり成長していないことには大きくならないからです。

軽トラックに1トントラックの荷物は乗りませんよね?バストも同様で、支える土台がしっかりしていなければ大きくならないのです。

適度な運動と食事を心がけて、理想のバストを手に入れましょう。

コメント